切迫早産|ウテメリンを中止した日にまさかの陣痛~出産【体験談】

切迫早産悪化

ここでは、私が産婦人科で看護師として働いた経験だけでなく、実際に自分が切迫早産で2ヵ月半入院した体験談を元に、子宮収縮抑制剤(ウテメリンなど)の点滴を中止するといつ陣痛がきて出産になるのかについて解説していきます。

Ⅰ.子宮収縮抑制剤(ウテメリン)はいつ中止するの?

切迫早産で入院すると多くの場合、治療として子宮収縮抑制剤(ウテメリンなど)の点滴を持続的に長期間行います。妊娠中期以降に切迫早産で入院になった場合、一旦子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴を行うと、妊娠35~36週まで点滴を止めれないことが多く、長期の入院が必要となります。

私の場合も、切迫早産で妊娠26週に入院してからは妊娠36週になるまで子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴を持続的に投与されていました。
妊娠36週になったら点滴を中止し、問題がなければ退院してもいいとのことでした。

また、私が看護師として働く中でも、切迫早産の入院患者さんは長期間入院している方が多く、多くの場合は私のように妊娠36週頃まで点滴を持続的に行う必要がありました。

以上のことから、子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴は妊娠35~36週に中止することが多いと言えるでしょう。

※入院した妊娠週数や、切迫早産の状態によっても点滴の期間や治療法が異なる場合もありますので、入院後点滴が開始になった方は主治医にいつ頃まで点滴をする必要があるのか確認してみるとよいでしょう。

【関連記事】

切迫早産の退院
切迫早産になると長期入院になることが多いため、一体いつ退院ができるのかはとても気になると思います。赤ちゃんは早産になればなるほど、死亡率や障害が...

スポンサーリンク

Ⅱ.子宮収縮抑制剤(ウテメリン)を中止すると「張り返し」ってある?

子宮収縮抑制剤(ウテメリン)はお腹が張ること(子宮が収縮すること)を抑えているわけですから、それを中止するということは、「張り返し」といって子宮が収縮しお腹が張ってきてしまいます。

子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴を中止する場合は、赤ちゃんの状態をみて妊娠35週頃から徐々に量を減らしていきストップする場合と、徐々に量を減らすのではなく急に妊娠36週でストップする場合とがあります。
特に、急に子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴をストップする場合は、張り返しも大きくそのまま陣痛につながることも珍しくありません。

スポンサーリンク

Ⅲ.子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴中止後、2割が陣痛~出産になる!

子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴を中止した場合、「張り返し」からそのまま陣痛につながることも珍しいことではなく、約2割の方が点滴中止後、そのまま陣痛~出産になっているそうです。

私の場合も、妊娠36週で子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴を中止しましたが、医師や助産師さんから「約2割は陣痛になっちゃうからね。」と聞いていました。
しかし逆を言えば、約8割は一旦「張り返し」がきた後、次第にお腹の張りも落ち着き、自宅に退院できるということです。そのため、私は8割も退院できるのだから、自分も家に帰れるだろうとあまく考えていました。

スポンサーリンク

Ⅳ.点滴中止~張り返し~陣痛、出産まで【体験談】

【体験談】

私は、妊娠36週で子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴を中止し、1日様子をみて大丈夫であれば自宅に退院できる予定でした。

妊娠36週1日の朝10時に助産師さんが来て、子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴をストップします。
妊娠26週からずっと点滴がつながっており、どこへ行くのも点滴と一緒だったので、点滴を外すことができてスッキリした気分でした。

午後1時頃、点滴を中止して3時間が経過しましたが特にお腹が張る様子もなく、このまま「張り返し」もなく、順調に退院できるかなと思っていました。

しかし午後3時頃になると、不定期にお腹の張りを感じるようになります
ないと思っていたはずの「張り返し」が到来しました。
「張り返し」がおさまってくれれば退院できたのですが、私の場合はなかなかお腹の張りがおさまらず、不定期に張っていたお腹も次第に定期的に張ってくるようになりました。

午後4時頃、時計でお腹の張りの間隔を計っていると、10分間隔になっており、ついに陣痛がきてしまいました。
久しぶりに外の空気が吸えると退院を心待ちにしていたため、陣痛が来てしまって少し残念な気持ちもありましたが、無事元気な赤ちゃんを生むことができ一安心しました。

また、子宮収縮抑制剤(ウテメリン)を中止すると陣痛・出産になるかもしれないと主人に伝えていたため、その日は休みをとって朝から一緒に付き添ってくれていました。そのため、出産にも立ち会うことができました。もし、一旦退院するといつ陣痛がくるかわかりません。主人は急に休みがとれる仕事ではないため、立ち会いができたことをとても喜んでいました。今となってはそのまま出産になって良かったと思っています。

スポンサーリンク

Ⅴ.さいごに

私のように約2割くらいの方は、「張り返し」からそのまま陣痛、出産となってしまうようです。特に、徐々に点滴の量を減らしていくのではなく、急にストップした場合は「張り返し」も強くでるため、陣痛につながりやすいかもしれません。

切迫早産で入院中の方は、もしかしたら子宮収縮抑制剤(ウテメリン)の点滴をストップした日はそのまま陣痛がくるかもしれないと思って、あらかじめ準備を進めたり、家族にもその旨を伝えておくことをおすすめします。

関連記事

妊婦検診

プロが教える切迫早産完全ガイド!9つの原因と4つの症状

看護師が教える|トコちゃんベルトで切迫早産予防!効果や口コミは?

流産の確率、症状、手術、流産後の生理・妊娠についての全まとめ!

プロが教える!妊娠中の子宮筋腫は赤ちゃんにどんな影響があるの?

切迫早産だと出産は早まる?早産になる確率や、出産時期は?

生まれたての赤ちゃん

わかりやすい早産の定義、原因、症状、治療、予防、生存率の全知識!